×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイハードをやっと観ました!

映画のダイハード4.0見ましたよ。映画館ではなくDVDでダイハード4.0をやっとTUTAYAから借りてきて家でダイハードをみました。ダイハードシリーズは、1作目から全部みていますが、やっぱりダイハードは、おもしろいです。このダイハード4.0はアメリカ映画でダイハードシリーズの4作目になります。ダイハード3から12年ぶりに製作されたのですね。そんなに年数が経っていたのは本当いがいでした。時間が過ぎるのは早いですね。このダイハードは、公開場所によって映画ダイハードの読みや呼び方が変わるみたいです。映画ダイハードの北米での原題は、"Live Free or Die Hard"ですが、北米以外でのダイハードの原題は、"Die Hard 4.0"のタイトル名で公開されています。このダイハード4.0の4.0ですがバージョンの番号みたいですが、これには、理由があるみたいで、この映画のダイハードはサイバーテロを扱っているので4.0という風にバージョン番号風にしたみたいです。

ダイハード4.0シリーズ最新作です。

ダイハードシリーズ4.0最新作は、2007年公開アメリカ映画で前作ダイハード3からなんと12年ぶりに製作されたのですね。このダイハードは、アクション映画ですけれど所々にブルース・ウィリスによるジョークがありテンポがいい映画です。このダイハードによってブルース・ウィリスが大スターになるきっかけになったダイハードシリーズ。このダイハード4.0は監督は、レン・ワイズマン。このダイハード4.0のあらすじですが、ブルース・ウィリスが初代ダイハードからいつもですが相手はテロリストです。今回のダイハードはサイバーテロっていつもサイバーテロだったような?ブルース・ウィルスこと刑事ジョン・マクレーンがデジタル制御されている全米のインフラ機能を攻撃してくるサイバーテロそれに立ち上がるジョン・マクレーン。ダイハードは刑事ジョン・マクレーンがサイバーテロと対決するアクション映画です。

映画の歴史

ダイハードの映画を紹介してきたのですがそういえば映画とは、一般的にどんな施設であるのか?一般的に映画は、専用の施設で映画館などですね。スクリーンに映像を照射して映画などの作品を公開することが映画なんですよね。映画の作品を作る際ですが、映画を作る工程なんですが、工程に関しては、特に決まりは無いみたいです。このような映画は専用施設、映画館などで専用施設などで上映、公開されることを前提としている表現様式です。映画や劇場で公開され無かった映画などをビデオテープ、DVDなどに収録されて販売、レンタルの対象ななっているものをオリジナルビデオと呼ぶそうです。でも最近はデジタル化が進みサウンドが多チャンネルサウンドに変わり昔みたく映画をフィリムに焼き付けずにデジタル化されたCD-ROMなどを使って業者などに納品されるようになってきました。

Copyright © 2007 ダイハード4.0観ました。ブルース・ウィルス最高!